無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    人質カノン
    0
      宮部みゆき

      この本は7扁短編小説が入ってたわ。
      ミステリーと書いてあるのだが私はミステリーといぅのの定義がわからないのでどんな話しかと思ったら
      現在社会ならではの問題の話しとかでした。

      しかも7扁ある中の3扁がいじめに関わった話し。
      あたしが中でも1番すげぇと思ったのが

      『八月の雪』

      『なんでこんな理不尽な世の中で生きていかなきゃいけないんだろぅ?』
      って主人公の子は思うの。(そぅ思うまでにイロイロあるんだけどね)
      して最後には
      『色んな事を自分はまだ知らなくて、知りたい、知らないといけないら頑張ってみょう。』
      って思うわけよ。

      なんか私の『生きる』って理由はなにかなぁって考えさせられた。
      まだ答えはでないけどさっ┐( ̄皿 ̄)┌

      他の話しも全部面白かったよ(*´y`*)

      さっ。
      この本も読み終わったし
      次はどの本を読もうかな♪
      | けこ | 映画・本 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ラッシュライフ
      0
        伊坂幸太郎の小説なんだけどなんか凄かった。
        今までわりと沢山小説を読んできたと思うのよ。あたし。で、色んな物語が最後に繋がって話しの全体がわかる。っていうのは結構あったんだょね。
        宮部みゆきの『海辺のカフカ』とか。
        これもそういうかんじなんだけど、この小説は5つも物語があるんだわさ。
        そしてその5つがまた巧妙に係わり合って交じり合って物語ができてくのょ。
        5つも話しがあるとなにがなんだかわからなくなってきそうだけどそんなことなくて、1つ1つが凄い個性的な話しで面白かった!!

        あと伊坂幸太郎の別の小説のことが所々出てきたりして楽しかったなぁ。
        今まで彼の小説読んでた特典みたいな笑

        なんかこの小説は全部1つの絵に最終的に集結するのよね。
        で、同じ絵でも全然違う解釈とか感じ方があってよくこんなに想像できるなぁっと思った。

        あとこれ、凄い重いっていうか暗い。小説って割と明るい終わりかたするじゃない。でもラッシュライフは手放しに明るいってだけじゃなくて、なんか凄い考えさせられる。

        あたし小説とかはたいてい1回しか読まないんだけど、これはもう1回読もうと思った。今度は1つ1つの物語ずつ。そしたらまた違った感想が出て来るかも。
        なんかあったらまた書こ。
        もぅ1時になるわ。寝なくちゃ。ということでおやすみなさい。
        | けこ | 映画・本 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ボルベール《帰郷》
        0
          この映画にはほとんど男性が出てこないのよ。して主人公の人が結構複雑な境遇な人なのね。そんなかで母と娘の絆っていうか切っても切れないような関係が凄く感じれた。母と息子もそぅなんだけどやっぱり母と娘はもっと深いものがあるように思うのよね。
          どんなに関係が拗れて、バラバラになってもいつかわかりあえるわけょ。
          子どもはたとえ大人になって自分に子どもができたとしても、やっぱり自分の親の前では子どもなのよね。当たり前のこと書いてるケド、改めて思ったのよ。
           
          なんか映画の中で『親は娘に嫌われたら生きていけナイ』じゃないけどそんな台詞を言ってたの。
          凄い台詞じゃない?友達より夫よりも娘なんだょ。なんか今はまだおこちゃまなあたしだから親になってからまた見たいなぁ。
           
          で、主人公がさ。
          めっちゃくちゃキレイなのっ!!(>w< )
          ペネロペ・クルスって人なんだけどさ。あたしがこの映画を見ようと思ったきっかけがポスターの美しさに魅せられたからだからなのよね。完全にジャケ買いみたいなもんよ。
          赤い背景にキレイな女性。そして周りには鮮やかな花!!………目を奪われたね。
          こんなポスターつくりてぇぇぇっ!!
          映画にも色んな場面で花が出てきてさ。キレイだったぁ。家具にあったりだとか服のデザインにあったりだとか。細かいところにもこだわって作ってるんだなぁって思ったらさ。うちらの舞台を思い出したよ。小さいことでもコツコツとやったものがイイ作品に繋がるのよね。う〜ん。久しぶりに劇創りたくなってきたずぇっ!!
           
           
          *おわり*


          | けこ | 映画・本 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          さくらん
          0
            キレイだった。っていう記憶しかないかも
            配役はピッタリだったと思うんだけどさ。
            でもねぇ……(;-皿-)=3

            But!!色使いは最初カラもぅ綺麗でさ。
            金魚とかもいぃかんじに使われてたっ!!
            日本って素晴らしいっ!!
            朱と黒っていぃよね。
            緑も日本独特な色でいぃしねっ。
            色の勉強がしたいです!!

            この前遊べる本屋に行ったトキ、色の個性みたいなのが書いてる本があってさ。見てるだけで楽しかったぁ
            ……感想っていうより日記になっちまったい(^-^;
            まっ。いーかぁ( oΘo)
            | けこ | 映画・本 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |